むちうちなら都賀西口整骨院

都賀西口整骨院

スポーツ障害

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    疲労骨折
    短い期間で過剰な運動や負荷がかかった際に発症しやすい。中学生や高校生に多い
    スポーツ→ラグビー、サッカー
    野球肩
    オーバースロースポーツに多く発症しやすく筋や腱など軟部組織に炎症が起こることが多い
    スポーツ→野球、テニス、バレー
    テニス肘
    筋が付着している骨部分に炎症がおこる。バックハンド行うと筋が伸びきってしまいおこる
    スポーツ→テニス、バドミントン
    テニスやサッカー、バレーボールなど跳んだり、走ったりしていると膝や足首、股関節などに痛みが出てパフォーマンスが著しく下がってしまっている
    野球肘
    肘に過度のひねりや伸びきった際に野球肩同様軟部組織が炎症を起こすもの
    スポーツ→野球
    足底筋膜炎
    足底に蓄積した疲労がたまり慢性的に起こるもの。扁平足に多い
    スポーツ→長距離、駅伝
    骨折
    脱臼
    捻挫
    挫傷
    打撲

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    大きく分けて二つに分けられる。
    1つは急性的な外力で起こったもの
    これは多くは青年層に特に見られるものである。スポーツや性別によって違いはあるがコンタクトスポーツは骨折や脱臼が多く上肢に特に集中して多い。アジリティ系なスポーツでは特に膝の人体やアキレス腱など切り返す際に必要な組織に負担がかかる。2つ目は練習やトレーニング中の過度な疲労が蓄積し一定の動作を起こした際に発症してしまうものがある。これは多くは少年期や学生に多く見られる。理由としては骨や軟部組織の強度があまり完成してないことによりその際に無理をすると発症してしまうケースが多い。特に一定動作の多い野球のピッチャーやテニス、サッカーに多く発症する。ただしまだ完成されてない組織ほど障害としてなりやすいが修復も早いため特別な措置や手術に至る傾向は比較的に少なく固定して安静で治ることが多い。骨に関して言えば柔軟性に富み中には栄養を通す空洞があるため疲労骨折に至っても修復が早い。逆に軟部組織だと一度損傷したものを治癒のためにつなぎ合わせる必要があるため期間はかかる。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    もしスポーツ障害を治癒せずそのまま続行さえすればその部分の治癒は遅くなっていきほかに代償的に使用する器官を傷をつけ2時的な損傷を起こしてしまう可能性がある。なにより存分なパフォーマンスを行うができないため外力的な損傷を受ける可能性もあり、今よりも重い障害をもつこともある。
    だが、ただただ安静といっても何もケアをせず放っておけば傷の治癒速度は未だ停滞の状態になる。
    それらをすればスポーツに復帰する時間はかかってしまう。
    なにより微細な骨折でも変形は起こるし脱臼や捻挫の軟部組織の障害でもその部分が硬くなり極端に可動域が狭まってくる。そのために後遺症さえ残れば補助具や固定具に頼ざる生活を避けて通れない生活を余儀なくされる。単にスポーツができないだけの問題でもなくあとあと治療をしなかったツケが日常生活に回ってくる

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    1、アイシング(冷却)
    急性的なもの、軟部組織の炎症により腫脹や熱感があれば行う必要がある。
    2、温熱
    1の期間から時間が経ちさえすれば
    硬くなる前に適応する。主に後療法として可動域を保つために行う。
    3、固定(包帯、テーピング)
    今ある状態から無理な方向に外力や
    自動的に力がかからないようにアシストする必要性がある。負傷した箇所から各一関節またいで固定する。
    二次的な損傷と代償的な力を借りるためである。
    4、電気療法
    1から3までの期間が終われば電気療法によって他動的に筋肉を動かして今の状態を治癒ではなくスポーツ復帰を見通したものであり日常生活を難なくクリアすることが重要視する。
    5、手技治療
    損傷した部分はもちろんその他の筋肉に刺激を与えることで代謝をあげて細胞の活性化を主としておこなっていく。初期は軽察方から
    6、筋膜ストレッチ
    下肢であれば筋肉の質を落とさない為、復帰後の再発を防ぐ為に行う必要がある
    今ある痛みはもちろん予後も考えて治療をしていく

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    1、アイシング(冷却)
    一時的ではあるが腫脹の進行は妨げることは可能であり熱感も下げることが可能になる。自宅でも続けて行った方がイイ。急性期であればなおさらである。
    2、温熱
    これも自宅ではあまり損傷部位を冷やさないようにすることがいい。筋肉を負担なく動かすのに必要な条件となる。
    3、固定(包帯、テーピング)
    基本的な過度な外力はかかることなく症状は改善することよりも良い治療条件を確保することができるため治療が終わった後も復帰をした後でも行った方がいい。
    4、電気療法
    筋肉を強制的に動かすことによりスポーツ復帰の手助けとなる。基本的に過度な個人差はなく万人に受け入れていただけるような治療でもある。
    5、手技治療
    筋肉をほぐすことはもちろんだが可能であれば関節を他動的に無理ない力で動かして位置異常があれば戻すことにより即効性のある治療ができる。
    6、筋膜ストレッチ
    これも5同様に他の部位を動かすことにより損傷部位を助ける

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    自宅での治療が困難であれば前述の4から6は重点的に行い1から3はセルフケアとして指導して本人に行ってもらうことを主として急性期時は基本的に毎日のように来ていただくことを徹底していく。可能であればスポーツの後に来てもらい毎日の状態をチェックしていく必要がある。
    状態により固定の部分を変える必要がある。約目安として1ヶ月の日が経てば週で言えば2.3のペースで来ていただく。治療に来る回数も必要だが学生の場合はセルフケアを症状改善ごとに変えていく

▲ページの先頭へ戻る

都賀西口整骨院のご案内

【住所】〒264-0026 千葉県千葉市若葉区西都賀3丁目8−1 【電話】TEL:043-256-0123

都賀西口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:30~12:00 8:00~12:00
15:00~21:30 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR総武線 都賀駅 西口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

高品町、加曽利町、若松町など広く地域の方にお越しいただいております。

お近くのコインパーキングをご利用の方には、サービス券を差し上げます。

花粉症治療行ってます。

こんな症状でお悩みの方へ

当院のこだわり

当院について

都賀西口整骨院ブログ

スタッフ募集

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

都賀西口整骨院には、千葉市の西都賀・都賀・桜木北・都賀の台・原町・東寺山町などの地域から多く来院されています。

当院はチーパス加入の整骨院です

混雑状況テーブル

お気軽にお問い合わせください
  • JR都賀駅から 徒歩1分!

    043-256-0123

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

 

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する